結婚生活と愛情の深め方

結婚生活を始める場合に避けたい性格 結婚生活では倦怠期というものがあり、最初はお互いに熱烈に愛し合っても、いつの間にか冷めてしまい、酷い場合には、相手の靴をそろえることもできないほどだという話も聞いたことがあります。玄関の靴も触りたくない、触れられたくもないというほどです。愛が冷めないように愛するという心理作用を利用するのも対処方法のひとつです。日常生活で利用すると倦怠期などにならずに夫婦生活を続けることができるかもしれません。例えば恋愛中では相手と見つめ合うだけで心拍数がシンクロするそうです。吊り橋理論などもあります。また愛している人同士が抱きしめあうと痛み止めと同じ成分が生み出されるとも言われます。悲しんでいる人を抱きしめるということがありますが、恋人同士や夫婦では痛みを和らげることができるという作用になります。それらを利用するのも効果的かもしれません。

また、恋愛では、同じレベルの人同士がひかれあう傾向にあるということや、愛している人の写真を見るだけで苦痛が和らぐ傾向もあるそうです。忙しい職場のデスクに恋人や家族の写真を置いておくとか、スマホや手帳などに写真を入れておくとか保存しておくとかでも、お互いの感情を深め合えることになります。また愛の要素としては、献身的、親密、気づかいなどが含まれますので、それがなくなってきた場合には、対処する必要があるということになります。そしてロマンチックな愛の生活が終わると初めて本当の愛の生活が始まるとも言われています。夫婦の今の愛の基準の判断にも使えます。