夫婦生活と愛情と相手への配慮

結婚生活を始める場合に避けたい性格 結婚生活の注意点では自己中心になりやすいことがあります。相手を自分の所有物だと考えてしまい、自分を理解してくれて当然だと考えることで、親しき中にも礼儀ありという真理を一切無視してしまいます。結婚生活では、お互いにちょうど良い距離を置いて、相手に配慮して気づかうことが基本中の基本になります。それが上手くいかないと、少しずつ関係が悪くなったりします。相手への配慮では、例えば何かをしてくれた時に、恥ずかしいですが、ありがとうというだけで相手もうれしいでしょうし、自分の気持ちも高まるということになります。お互いを配慮して礼儀を持つということとともに、感謝を言葉で表すだけでも関係を深める効果的な方法になります。

ユダヤ教の教えの中にも、夫は妻を喜ばせる義務があるという教えがあるそうです。友人や職場の同僚とは違い、夫婦の場合には根本的に愛というものがあります。それをどのくらい深めることができて、夫婦や家族で体現できるのかということが日常生活の核になるのではないかとも考えられます。また、そうできなければ、人生がもったいないということもあります。それに夫婦や家族の日常生活自体もつまらないものになってしまいます。