写真に日付を入れたい時の生活のやりかた

結婚生活を始める場合に避けたい性格 フイルムカメラを使っていた時に日付を入れるか入れないかの選択をすることができました。デジタルカメラでも入れられる場合があります。撮影時に入れるとその画像に日付が入ります。デジタルカメラの場合データの保存の日付をみれば撮影者は日付を知ることができます。撮影時にあえて日付を入れることが少ないかもしれません。生活の中ではプリントをするときに日付を入れたいことがあります。

まずはプリントソフトに日付が入れられるものがあります。それぞれのファイルの記録日を読み取り上下左右好きなところに入れられるようになっています。入れない選択もできます。印刷して配布をするならこの方法で印刷するとよいでしょう。印刷ソフトに日付を入れることができない、もらった写真に日付が入っていなくて日付を入れておきたいことがあります。

一般的に良くするのは写真の裏面に日付を入れることです。後で見るといつの写真家がわかります。普通の写真のように表に表示する方法があります。写真の印刷されている右下などを少し水で濡らします。そしてそこにボールペンで日付を書きます。書くことができないものを使います。すると表面が少し削れます。それによって日付が記載できます。少しアナログ的な方法ですが日付は見やすいです。